すっかり顔が赤らんで隠しようもないほどプツプツだらけに



女性30代主婦です。

それは突然のことでした。ちょうど、頰の真ん中に、いくつかの小さいニキビがかたまってでき始めたのです。真っ赤に腫れて、気づくと両頬、あごのあたりまで広く広がっていました。


すっかり顔が赤らんでしまい、隠しようもないほどの細かいプツプツだらけになりました。

ちょうど、ノロウイルスに感染したあとだったので、もしかしたらそのせいかもしれない、と思い、皮膚科に駆け込みました。しかし、医師はそんな訳はないと笑って、ニキビの薬を二種類出しただけでした。

ニキビの薬は少し染みたため、もしかしたら効くかもしれない、と思いましたが、解決にはつながらず、時間だけが過ぎて行きました。


恐らく、その時使っていた洗顔フォームが合わなかったのではないかと思い、使うのを辞めて時間が過ぎれば治ると思いましたが、まったく改善しませんでした。コスメも使うのを辞めて、オイルのみにし、メイクもせず花粉症の季節だったためマスクで生活していました。


業を煮やして、インターネットの美容が好きな人たちの集まるサイトに対処法を尋ねる内容を投稿してみたところ、他人任せだと検討違いな非難をされるなど、かなり迷走していたように思います。


そんな悩んでいたある日、学生時代の友達に赤ちゃんが生まれるので、我が子の使ったものをあげようと、友達と数年ぶりに再会したときのことでした。 友達は、私の顔を見るなり、「顔真っ赤だよ!どうしたの」と叫びました。


その日は車で移動してバタバタしていたため、ノーメイクだったのです。事情を話すと友達は、「昔はあんなにきれいな肌だったのに…」と言い、ストレスではないかと心配してくれました。


それを聞いて、このままではとにかくダメだと思い、実家のそばの皮膚科に行くことにしました。今の家のそばには、美容皮膚科がなく、実家のそばの皮膚科にはあったからです。


そこの皮膚科は女医さんで、とても親身になって話を聞いてくれました。治療と、ニキビ薬をいただき、何度か通院しましたがすっかりキレイになりました。


今でもスキンケアとストレスでニキビが出て赤くなることがたびたびあります。皮膚科のニキビ薬が市販で買えないので、なんとかしのいでいますが、市販してくれたらといつも思いながら苦慮しています。



暖房 赤ら顔を治す方法

更年期対策の低用量ビルは私には合いませんでしたトップへ